絵本「ロボとどうぶつ 第一話・宇宙一のきのこを探せ」

こんにちは、PAWS CRAFTWORKSの鈴木です。

絵本についてお知らせいたします。私たちにとっても初めての挑戦です、から、とても緊張しています。お知らせの文章を書くことに緊張するくらいですから、発売当日はめっちゃ血圧が高くなっていることでしょう。(血圧高めです)

※絵本原画ラフより

さてさて、宗誠二郎の描くキャラクターは概ね可愛らしさを持って描かれています。それは皆様も感じられていると思いますが、私の思うところ、それだけではない魅力があるのではないかと感じております。例えば、我々の心の中にもある、ちょっとしたことだけど誰にも言いたくない気持ちの谷間みたいなもの、手っ取り早くいうと心の闇みたいな感情を、宗誠二郎のキャラクターに感じることがありませんか。そのことは、キャラクターとしてとても魅力的なことだと思うのです。感じ方は人それぞれですが、可愛いだけではない擬人化されたキャラたちが独自の物語を紡いでゆくことは、さらに掛け算となって誰かの心に届くんじゃないかと思うのです。きっかけはそんな思いつきでした。

そして、キャラクターの整理、物語の骨組み作り、舞台設定などなど、頭に巡らせながら進めてゆくと、自分たちでもびっくりですが、全部で12話の連作絵本になってしまいました(笑)。

※絵本作画ラフより

今回の出版は第1話です。主人公のくまのデルトとてんとう虫のレモンとギルが木でできたロボットたちが暮らす森と荒地に宇宙船で着陸するところから始まります。デルトたちは星から星へ宇宙で一番のきのこを探す旅をしてきたのです。その星で出会ったロボたちの不思議な世界に巻き込まれ、きのこ探しと冒険の物語が始まります。

子供から大人まで、バッチリ楽しめます。

◎絵本「ロボとどうぶつ 第一話・宇宙一のきのこを探せ」

◎画:宗誠二郎   文:鈴木百太郎・柴田麻由子

◎原画撮影:宇田幸彦

◎企画・製作:パウズ・クラフトワークス

◎発行:パウズ出版

◎発売日 2019年4月30日

◎発売価格 1500円+税

※展覧会開催中のお買い上げには宗誠二郎がサインをさせていただきます。